白板家の仕組み

  • 赤外線方式のタッチフレームを採用。
  • 大量のLEDを取り付けたPCBをフレームの中に装着しています。
  • フレーム内に赤外線が張り巡らされており、マーカー・イレーザーの軌跡を検知することができます。
  • 板面に触れている場所の面積によってマーカーとイレーザーを自動で識別します。
  • タッチフレームに付属しているUSBケーブルをPCに挿して使用します。

フレーム内に赤外線が張り巡らされています。

※赤外線はイメージです。肉眼では視認できません。

ローカルモード

  • ホワイトボードに記載した内容をPC上にリアルタイムで表示・保存させることができます。

     会議議事録の保存や授業内容の保存に最適。

  • PCをプロジェクターに接続すれば、広めの会議室や講義室等でホワイトボードを大画面に映すことができます。また、ホワイトボード画面とパソコン画面(PowerPoint・PDF等)の切換えも可能です。

     講義や研修といったシーンで効果的に活用できます。

  • パソコンのデスクトップ画面共有機能を持ったソフトと組み合わせて使用することで、遠隔地でも板面の内容を共有することが可能となり、テレワークやWeb会議・研修といったシーンでも使用できます。

【かんたんな準備と操作】

  • 1. 無料の専用ソフト(POT)をあらかじめPCにインストールします。
  • 2. ソフトを起動し、タッチフレーム本体付属のUSBケーブルをPCに接続します。
  • 3. 板面に記載した内容はUSBケーブルを接続したPCの中に保存することができます。保存枚数は無制限です。追加費用は一切かかりません。(保存ファイル形式:JPEG)

シェアモード

  • ローカルモードの機能に加え、ホワイトボードに記載した内容をPC上にリアルタイムで表示・保存させることができます。

     インターネット環境さえあれば、遠隔地でも板面の内容を共有することができます。

※シェアモードのご利用にあたっては一定の制限がございます。
詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

【シェアモードの主な機能】

  • 1. PCで表示中の画面の保存。
  • 2. 板面に記載している内容をスマホ上でリアルタイム表示・保存。

【かんたんな準備と操作】

  • 1. 白板家AppをApp StoreまたはGoogle Playからインストールします。(インストール無料)
  • 2. POTがインストール済であれば、POTを起動し、タッチフレーム本体付属のUSBケーブルをPCに接続します。
  • 3. 白板家Appを起動し、POTで発行された会議コードを入力して下さい。
  • 4. 保存ファイル形式:JPEG、PNG

白板家便利な機能①【ページ増設機能】

  • アイコンの「次ページへ進む」をタッチすると、ホワイトボード画面のページを増やすことができます。ホワイトボードにたくさん板書をされる方には非常に便利な機能です。

【おすすめの活用方法】

  • 1. 最初のページの板書がいっぱいになってしまったら、アイコンの「保存」をタッチして下さい。
  • 2. その後アイコンの「次ページへ進む」をタッチして下さい。
  • 3. PC画面は2ページ目に移動し、全画面白の状態になります。この状態で実際のホワイトボードの板書をイレーザーで消して下さい。
  • 4. 上記を繰り返せば、PC画面上に板書を保存しながら、新たな板書を書いていくことができます。PC画面上に残した板書はアイコンの「前ページに戻る」をタッチすれば表示できますし、「次ページへ進む」をタッチすればまた、先へ進むことも可能です。

※ページ増設は無制限です。ぜひ、たくさん板書して白板家を有効活用して下さい。

使用イメージ

1ページ目の板書

1ページ目の板書

f2キーアイコン

f5キーアイコン

板書がいっぱいになったら、「保存」アイコンをタッチして、「次ページへ進む」アイコンをタッチして下さい。

2ページ目の板書

2ページ目移行直後の画面

保存後、「次ページへ進む」をタッチして、PC画面が全画面白の表示になれば、実際の板面を消して、また書き始めることができます。「前ページに戻る」と併用すれば、それまでに書いたページと行き来することができます。

※ 保存はその時PC画面に表示している1ページずつになります。ご注意下さい。

白板家便利な機能②【複数台同時接続】

  • 現行のPOT2.5.3から、最大4台のフレームを1台のPCに接続することが可能になりました。
    POT側の設定は特に必要なく、POTを起動したら、各々のフレームのUSBケーブルを使用するPCに接続すればそのまま使用できます。

    ※ 接続する白板家は全て同じサイズであることが条件になります。
    ※ PC側にはUSBポートが台数分必要になります(場合によっては別途USBハブが必要です)。

使用イメージ

使用イメージ2

Aのフレーム内で板書をしている時はAの板書がPC画面に表示されます。また、Bの方で板書をすれば自動でBの画面に切り替わります。

※ 同時に各々板書をすることはできませんので、ご注意下さい。板書が可能なのは1台ずつになります。グループワークの際等にご活用下さい。

アイコン機能解説

f1キーアイコン クリア(F1) ホワイトボード画面に記載されている内容を全消去します。
PCのF10キーを押すと元に戻ります。
f2キーアイコン 保存(F2) その時に表示しているホワイトボード画面の記載内容を保存します。
f3キーアイコン パソコン画面との切換(F3) ホワイトボード画面とパソコン画面の切換ができます。
f4キーアイコン 前ページに戻る(F4) ホワイトボード画面でページ増設済の場合、前ページに戻ります。
PowerPointやPDFを表示している場合は前ページに戻ります。
f5キーアイコン 次ページに進む(F5) ホワイトボード画面で、次のページを増設します。
増設済の場合は次ページに進みます。
PowerPointやPDFを表示している場合は次ページに進みます。
f6キーアイコン 赤に色変更(F6) マーカーの色を赤に変更します。
f7キーアイコン 青に色変更(F7) マーカーの色を青に変更します。
f8キーアイコン 黒に色変更(F8) マーカーの色を黒に変更します。

※パソコンのF1~F8キーがボード上のアイコンと同じ機能となります。